葉酸を含む安産レシピ

葉酸は、鉄分やカルシウム同様、妊娠前の活動時期から授乳期に至る間の重要視したい栄養素

普段の食生活ではあまり気にかけていない栄養素やバランスも、妊娠をきっかけに見直す妊婦さんの声を見聞きするようになり、妹は妊娠中から、私は妊活中から葉酸を意識的に料理に取り入れています。
妊娠前の活動時期から授乳期に至る間、重要視したい栄養素として鉄分やカルシウム同様に注目されていることは、成人女性の誰もが知る内容です。ビタミンB群の水溶性で、葉物野菜や豆類、さらに鉄分を含むレバーにも含まれている栄養素です。
安産レシピなる料理情報も話題を集めていますが、ビタミンAを含むレバーは妊娠中にはあまり頻繁に食べない方が良い見方も挙げられていたため、妊婦である妹の場合、その他の食材から鉄分を摂取させていました。

汁物レシピなら、食欲のない時も溶け出した栄養素も飲み干すことで体に吸収できる

葉酸は、神経管の先天異常の発症リスクを下げるだけではなく、悪性貧血やマタニティーブルーにも効果を発揮してくれる栄養素でもあります。水溶性ビタミンの難点は加熱することで栄養素が流失してしまう点で、排出される分、しっかり補うために毎日食事から摂取する必要が挙げられています。
野菜やフルーツは生の状態がベストですが、安産レシピでは溶け出した栄養素も飲み干すことでしっかり身体に吸収できることもあり、汁物レシピも人気です。
特に、夏場は食欲も落ちやすくなるので、ツルツルした麺やネバネバ食材が大活躍します。例えば、妹が頻繁に作っていたのが、納豆やめかぶ、モロヘイヤやオクラなどのネバネバ食材をダシ醤油で和えた1品です。そのまま食べるだけではなく、素麺や中華麺などの麺類にかけて食べたり、大豆から作られているお豆腐にかけるなど、様々な食材と相性が良い1品です。

タンパク質として噛み応えのある玄米や、スープご飯などにしてビタミン類をしっかり摂取できるよう献立を工夫してみよう

私の場合にはほうれん草の白和えなど、妊活中には和にこだわり、バランスにもしっかり配慮した献立を意識していました。
また、食べ過ぎることも妊娠中期から気をつける必要があり、妹の場合には噛み応えのあるたんぱく質として玄米をプラスした食事内容に切り替えていました。スープご飯にすることで、流出しやすいビタミン類をしっかり摂取でき、栄養満点なお料理で出産時にも心配していた血液の不足に至らず、安産での出産でしたし、その後の授乳期にも母乳が不足する不安も一切なく、赤ちゃんと健康体を現在もキープしています。
私自身、まだ赤ちゃんを授かっていないものの、妊娠しやすい身体づくりの基本となる食生活の改善はいまだに続けており、バリア機能にも特化しているなどの実感もあります。